リサイクルトナーとは

ビジネス、プライベートを問わずパソコンを使うのが当たり前となった現代、パソコンとともに需要が伸びているものとしてプリンタがあります。ペーパーレスの促進といっても、書類の提出や送付、配布にはパソコンで制作した文書やデザインなどを紙面に印刷する必要があり、パソコンとともに家庭に一台備えているのがごく一般的な状況となっています。特に、一般企業などではプリンタの使用頻度が高く、印刷用紙とともにトナーの消費スピードは驚くほど速いものです。消耗すれば新しいものに取り換える、当然のことですが、トナーは決して安いものではなくランニングコストに大きな負担がかかってしまうことは言うまでもありません。

そこで登場したのがリサイクルトナーです。リサイクルトナーは、使用済みとなった純正のカートリッジを回収した後に、リサイクル工場で分解や洗浄、部品交換やトナー充填などを行って、再び使用できるような状態にしたものです。純正使用済トナーに一部修理や加工を施しているため、若干形状が異なることもありますが、再利用しているため、コストパフォーマンスに優れているだけでなく、地球環境にも優しい商品として人気となっています。トナーにはモノクロやカラーがあり、使用されているプリンタはほとんどがカラー対応となっているので、リサイクルトナーもカラー対応のものが需要が高そうに思えますが、実際は、業務などで文書を作成することだけに特化したモノクロトナーをリサイクルで購入する割合の方が高いようです。そんなリサイクルトナーの特徴や選び方にはどのようなポイントがあるのでしょうか。当サイトで詳しく解説いたします。